CATEGORY R曲げ

PL4.5 600R×88.25°+片直≒171×3087H

板両端のR差をなくし、直残しをピンポイントで決める 板R曲げ加工では、板の幅が長ければ長いほど、板両端のRの出方に差が出てきます。板幅が3000H以上だとR差が大きく出るため、手直しに時間がかかり大変 […]